腸関連の市場規模は6000億円

09月21日

2018年9月1日発行のヘルスケアビジネスによると、「腸関連の市場規模は6000億円」だそうです。

・食習慣の欧米化や慢性的な運動不足などを背景に、便秘や下痢、腹痛などおなかのトラブルに悩まされる人の数は年々増え続けている。

・おなかの調子が悪くなった時の対処法は「水分をとる」「市販薬を飲む」に続き「おなかの調子を整える効果がある食品・飲料を摂取する」との回答が多く、具体的にはヨーグルト、バナナ、野菜、納豆、牛乳などがあげられた。

・トクホ、機能性表示で消費者認知度が高い。

大切な腸のためにも、バランスのよい食生活が重要ですね。

page top